山田 誠浩

プロフィール

Yamada Yoshihiro:やまだ よしひろ  ナレーター
1940年京都市生まれ。1963年NHKに入局。
37年間現役のアナウンサーとして、大河ドラマ「おんな太閤記」、NHKスペシャル「銀河宇宙オデッセイ」などのナレーション、「私の本棚」「ラジオ文芸館」の朗読、「ラジオ深夜便」アンカーなどをつとめた。
2000年からはフリーランスアナウンサーとして、「NHKスペシャル」「こころの時代」「知るを楽しむ」「視覚障害者のみなさんへ」など、主にNHKの番組のナレーター、インタビュアー、キャスターとして活躍。
ラジオ第一の朗読番組「ラジオ文芸館」では、13年にわたって演出・語りを担当した。
2002年から、「山田誠浩 朗読への招待」を定期的に開催する他、全国のホール、ホテルなどで公演を行っている。

主な活動歴

番組ナレーション

大河ドラマ「おんな太閤記」(1981年1月~12月放送)
NHKスペシャル「銀河宇宙オデュッセイ」(1988年~89年放送)
NHKスペシャル「日本再建・旧国鉄債権28兆円の再生」
NHKスペシャル「あの炎を忘れない」
NHKスペシャル「越中おわら風の盆」
NHKスペシャル「絢爛たる名宝~西本願寺~」
ハイビジョン・スペシャル「西本願寺~桃山の美と王朝の雅」
ETV特集「生のかたち」~難病患者たちのメッセージ~
ETV特集「いのちの声が聞こえますか」~高史明・生と死の旅~
知るを楽しむ「この人この世界・宮城谷昌光」(2008年10月11月8本シリーズ)
ハイビジョン特集「にっぽん巡礼」~心に響く場所~(2009年正月)
ハイビジョン特集「にっぽん巡礼」~心に響く場所~(2010年正月)

テレビCMナレーション

東洋水産「マルちゃん 赤いきつね 緑のたぬき」
・「マルちゃん紀行」篇15秒
・「マルちゃん紀行」篇30秒
・「当たった!」篇15秒 (2011年11月05日~)

番組ナレーションとインタビュー「こころの時代」

「一日の重み」作家 柳澤桂子
「老いの日々を見つめて」記録映画作家 羽田澄子
「不生不滅・道を求めて」元龍源寺住職・南無の会 松原泰道
「心をわかちあう」森のイスキア主宰 佐藤初女
「歎異抄に導かれて」 作家 高史明
「生きる力 人間の力」彫刻家 佐藤忠良
「もうひとつの家を」建築家 外山義
「光と影の宇宙で」影絵作家 藤城清治
「ヨハネからの便り」~ケセン語訳聖書の世界~医師 山浦玄嗣
「祈り 苦難とともに40年」三浦綾子記念館館長 三浦光世
「いのち 荒々しく自由に」俳人 金子兜太

ラジオ文芸館 語り99年~08年

「うたかた」 浅田次郎 作
「木肌に触れて」南木佳士 作
「十九歳」芝木好子 作
「夕靄の中」山本周五郎 作
「夫婦の一日」遠藤周作 作
「高瀬川・春」水上 勉 作
「秀吉と利休」野上弥生子 作
「腐れ胡粉」窪島誠一郎 作
「潜りさま」熊谷達也 作
「水仙」瀬戸内寂聴 作
「露草」鳥越 碧 作
「送り火」堀江敏幸 作
「雪景色」志水辰夫 作
「遥い町」辻内智貴 作
「果ての海」乙川優三郎 作
「狸穴の簪」松井今朝子 作

ライブ朗読02.10~

扉の詩「夕方かけて」吉野 弘
「十二番目の天使」オグ・マンディーノ 作 坂本貢一 訳 
ほか多数