羽佐間 道夫の 声優への道♪ワンポイントアドバイス♪vol.2

こちらのページでは、
羽佐間道夫自身の人生経験にて培った様々な知識・うんちくを隔月でありのままに語るコーナーです。
尚、これに関する質問相談は受け付けておりませんので悪しからず・・・。

第2回 「声を出したら、息は音を出さずに鼻から吸え」


羽佐間道夫ワンポイントアドバイス2

一枚の原稿用紙(400字詰め)の文章を読む時

一番聞きやすいのが、「通常1分で」といわれています。

勿論内容によって、異なりますが、20字20行 新聞記事でも

小説でも、エッセイでも、広告文でも、なんでも結構。

これを、先ず一分位以内で読む、

今度は、時計の秒針と睨めっこをしながら、早く読んでみる

(途中で痞えたら、又頭から読む)

どれくらい、早く読めるか、記録に挑戦、その間口で息継ぎをしたら駄目、

息継ぎは鼻から、吸音を出さないように吸う。

 

文章の句読点を意識して、どこで息を吸うかも訓練、時々大きな音で

口から吸っている、俳優さんもいる。きっと鼻が悪いんだろう。

この場合、鼻を直す必要があるな、

何故って声優がマイクの前で、台詞を言う時、口で息すると、ブレス音もマイクが拾ってしまうからだ、

今度は、その文章を、自分の一番低い音を保ちつつ読んで見る、

今度はその逆、一番高い音を保ちつつ読んで見る、

やがて、セリフを表現する時感情の起伏が豊かになるために。

老若男女で読んで見よう。

オッと息は鼻から吸うことを忘れないように。

コメントは受け付けていません。