12月19(水)24:00~24:50 NHK BS1 ヴォイスオーバー

たはら あるの
【ヴォイスオーバー】田原アルノ:オレグ・カルギンほか役
【番組】BS世界のドキュメンタリー〈シリーズ いま 明かされる情報戦〉「ベルリン 地下トンネル盗聴作戦」
【内容】第二次世界大戦後の世界統治を巡って冷戦が激化し、アメリカとソビエトは朝鮮戦争を経てなお一触即発とも言える状態だった。その最中の1955年、ドイツの首都ベルリンも厳戒体制にあった。この当時のベルリンは、あの悪名高い「ベルリンの壁」は構築されていなかったものの、ナチス・ドイツ崩壊後の米ソ英仏による四カ国統治体制が続いていた。主に米英仏の管轄地域(西)とソ連が管轄のする地域(東)との往来は可能だったものの、事実上は「分断都市」の様相をすでに呈していた。このベルリンを舞台に、アメリカCIAとイギリスMI6が、ソ連軍司令部につながる500メートルの盗聴用トンネルを作っていた…。(番組サイトより)

コメントは受け付けていません。